Loading…
 

スポンサーサイト

Posted by 海藍@安海碧希 on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本編です。

Posted by 海藍@安海碧希 on 07.2014 ニコニコ動画 0 comments 0 trackback
あげました!
長かったので前・後編。

五時間目は算数の時間。
語り手は、新堂大誠くん。
『死を呼ぶゼッケン』のお話。

小説 学怖月曜日・五時間目 前編


小説 学怖月曜日・五時間目 後編



霧雨動画用の音声編集がようやっと一段落したので、小説読んだ感想など書いてみたいと思います~。
火曜日も既読だけど、とりあえず月曜日の分だけ。

では、追記から続きを。
若干ですが、ネタバレします。おっけーな方のみ続きをどうぞ!
先ず表紙を開けたら「怖い!!」っていうw

そして冒頭に登場人物紹介があるのですが。

まず、登場人物たちの立ち絵を一通り見ますよね。
そして、『6年6組』という文字を見て、

「……あれ?小学校の話って聞いた気がするけど……中高一貫の6年生?」

と思って二度見しましたwww立ち絵をねw

ともあれ。大誠君がお父さんのことを少し語っていて、胸が熱くなりつつ!!

首を傾げながら本編を読んでみると、ホームルームに『小学校』と書いてあったので、心の中でツッコミを入れつつ、ですね。いや、女の子はそういう子居そうだけど、さすがに男の子はそこまで大きくならないですよね?日本人だしwwwと思って。日丸屋さんの絵、可愛くて大好きなんですけれどもw
飯島さんのブログ見てきたら、試行錯誤の上、これはもうわざとやっているとの事でw
それならそれでwww


さて、本編の話。

◇ホームルーム
まりえせんせぇぇぇ!!こんなところにっ……!!
と、まずは思わずにはいられずw
1995版とは設定が異なるところがあるらしいので、アレですが……(^^;

なかなかに物騒な事を仰る毬絵先生が素敵でw
「新堂君の話を朗読するついでにこれもやったれ!」
と思わずにいられませんでした。
日丸屋さんの描く毬絵先生は凄く可愛い系だったのですが、私、1995特別編の毬絵先生グラフィックが大好きなので、そのイメージでやらせていただきました。流石に顔は半分隠しましたがw

◇一時間目・家庭科
戸浦 愛梨(とうら あいり)ちゃんによるお人形の話。
若干岩下さんを彷彿とさせる子だなー、と思いつつ読んでいき、いきなり恐ろしい話から始まるのかと思わせておいての、丸く収まるラスト!
物語にぐいぐい引き込まれて面白いです!
それぞれの娘さんがお母さんと性格が逆転してる風なのも面白いですね。

◇二時間目・理科
松戸 博士(まつど ひろし)くんの科学そして自動車の話。
彼のあだ名は「マッド」。
マッドサイエンティストの「マッド」なのかなー、と最初思いましたが、苗字の「つ」を小さくしただけでも「マッド」になるんですよね、彼wマッドなはかせだなんて、おもしろーwなんて思いました。
そりゃ「ハカセ」なんてあだ名をつけられるよりは「マッド」の方が断然カッコいいと思っちゃうよな、とかw
なんか、国家機密情報センターとかいう、なんだかワールド・ハッピー&ピース・カンパニーを彷彿させる組織が出てきたり。いや、そりゃ、全然違うモノでしょうけども。なんかイメージが。

◇三/四時間目・総合
きましたよ。自分、体験したことない授業「総合」。
毎週あるのか、これ。都会だと色々出来そうだけど、田舎だと難しそうだなぁ……。
というのも自分が田舎者なんで考えちゃうんですけどね(笑)
語り手は、藤森 美沙(ふじもり みさ)ちゃん。
美容師の桜井さん一家の受難の話。
「桜井」という苗字をみると、ラッパーを思い浮かべてしまうのはもうSFC学怖ファンの性ですかね。
学怖ファンというか、屈しないファンか……。
おいといて。
全然違う桜井さんのお話ですからねw
女って怖ぇなぁ、っていう話。

◇五時間目・算数
待ってました!の新堂さんのお子さんのお話。
新堂 大誠(しんどう たいせい)くんによる、恐怖のマラソン大会のお話。
蛙の子、蛙すぎでしょwwwっていうw
期待を裏切らないキャラクター作り……飯島先生、流石ですw

折角だから、朗読裏話も挿みましょう!
小学生だから、と思ってとりあえず挿絵のことは忘れて役づくったわけですが、一回目読んでみたときに、なんだかちょっと大人っぽくなっちゃって、「小学生……小学生……」と念じながらもう一回読んだので、計二時間くらい読んだんですよね……。おまけにこの日は何だか凄く滑舌がよろしくなかったです。良いときはもうちょっと口まわるんですよ、いやほんと。
かえって小学生っぽさが出て良かったのかもしれないですけど。
で、録音した音声の編集よりも大変だったのが、BGM選び。
折角動画にするんだから、アパシーのゲームっぽくしてみようと思い、画像は、別の動画を作る為に撮っておいた特別編のスクリーンショット使ったり、フリー素材から借りてきたり。
音源は、いけない事ですが(スクショもイケナイ事ですけど(^^;))アパシーサウンドコレクション&アパシーサウンドコレクション蔵出しから借りたり、フリー音源から探しました。サウンドコレクションは、一応、ちゃんと買って自分で持ってるものですのでね。ちなみに、昔ナナコロのイベントで片霧烈火さんのサイン入りサウンドコレクションをゲットしたので、蔵出しじゃない方は二枚持っていますwww
まあ、「新堂」くんなので、折角だからお父さんのテーマを借りました。
曲としてはSFC版のが好きなのですが、大誠くんのイメージにはアパシー版の曲の方が合っているなぁ、と思ったので、メインにはそっちを使っていますが……冒頭、SFC版で始まっているのはただのあの曲への贔屓ですww

タイトルは「死を呼ぶゼッケン」ですが、読んでみると分かるけど全然呼んでないですからねw
寧ろ……、なw
耳で聞くだけだと分かり辛いですが、ゼッケンの語呂、ちょっと吹いちゃうくらいwww
まさかの「みなごろし」www
そして友達の、都市伝説に詳しい富樫 黎雄(とがし れお)くん!!ちょ、苗字……!!早苗ちゃんもだけど、美波ちゃんもなの!!?……なんて。
ともあれ、レオくん本人が登場するのが楽しみです(^^

それにしても、この話、火曜日のある話とリンクしてるんですが……ホント、面白いですねぇ。

◇六時間目・国語
はいはい。kzmkzm。
ということで、風間 祝(かざま しゅう)くんは「しりとり小僧」の話を。
うん。それもう聞いたことあるわwww
というか、彼は望さんのお子さんなの?何なの?www

どうでもいいですが、出だしを読んで、ときめもGSの三原君を思い出しましたわ……w

◇放課後
愛梨ちゃんの親友の安西 真奈(あんざい まな)ちゃんに呼び出されてのお話。

何だかこのお話の根っこに繋がりそうな、意味深な怖い話。
「七不思議の集会をしてはならない」
という。

ああ。水曜日以降も本当に楽しみです!
今度は予約しますw


そうそう。
動画の方にちょっと嬉しいコメントがあったので、火曜日からも一話朗読するかもしれません。
さすがに全部は無理ですがw


スポンサーサイト


  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://highhailan.blog83.fc2.com/tb.php/104-2402d6af

プロフィール

海藍@安海碧希

Author:海藍@安海碧希
最近は喋る事が多い。

ツイッター

 

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。